京都の嵐山へ行くには、
阪急嵐山線やJR嵯峨野線に乗る方法がありますが、
私のおすすめは、京福嵐山線、通称「嵐電(らんでん)」です。

嵐電に乗って京都嵐山へ

この小さな路面電車に乗って嵐山を目指すのが、粋ってもんでしょ!

ということで、私も嵐電に乗って嵐山に向かいました。

お花見シーズンということで、
嵐電も桜バージョンの車両が走っています。

嵐電の桜バージョン車両嵐電の桜車両

そして、ホームにはたくさんのお花見客が、
今か今かと、扉が開くのを待っています。

嵐電に乗る人たち

扉に近づきすぎっ!!

と、つっこみたいところですが、
皆さん、良いポジションの席を取るため、必死なのであります。

 

ここは、どこの駅かというと、
嵐電の北野線「北野白梅町(きたのはくばいちょう)」という駅です。

嵐電は、「嵐山本線」と「北野線」の二本の路線があります。

路線図はこちら

 

路線図を見てもらうと分かると思いますが、
「嵐山駅」と「四条大宮」を結ぶ「嵐山本線」
そして、「帷子の辻(かたびらのつじ)駅」と「北野白梅町駅」を結ぶ「北野線」

この二つの路線が、「帷子の辻駅」で交差しています。

 

「北野白梅町駅」は、嵐電で嵐山へ向かう旅路の特等席が狙える始発駅なんです。

 

ちなみ、京都駅から嵐山へ電車で最短で行く場合には、JR嵯峨野線の快速に乗ります。
すると、嵯峨嵐山駅まで10分ちょっとで着いちゃいます。

う~ん、早い。
でも、それって、何だか味気なくないですか…?

 

やっぱり嵐電に乗りたいですよね。

 

とはいえ、京都から嵐山に行くのに、
嵐電を使うとなると、乗り換えが多くなります。

たとえば、

「京都」→「四条」→「西院」→【この区間が嵐電】→「嵐山」(所要時間 約50分)

と、時間的にはかなりロスします。

ですので、あなたの旅のプランにあった行き方を計画しましょう。
嵐山からの帰りに嵐電に乗っても良い訳ですしね。

 

さて、私は、旅のさなか、
「北野白梅町駅」から嵐電に乗り、嵐山を目指します。

嵐電の北野線「北野白梅町駅」「北野白梅町駅」は嵐電の北野線の終着駅ですから、
「嵐山駅」へ行くには、途中の「帷子の辻駅」で、嵐山本線に乗り換えます。

ちなみに「帷子の辻駅」は「かたびらのつじえき」です。
いちいち、フリガナを入れないと読めないですよね。

 

嵐電の北野白梅町駅

嵐山駅への乗車時間は20分。

いよいよ、嵐電に乗って、嵐山へ。
車窓の風景や、嵐山までの旅路は、次回、動画でお伝えします。

 

icon-check01春爛漫の嵐電に乗って京都嵐山の桜を目指す【嵐電の車内動画】